バスティーメイクナイトブラの付け方次第では効果も変わる?!

バスティーメイクナイトブラでバストのサイズがアップしたと喜んでいる女性たちも多い中で、その正しい付け方を知らないがゆえに、効果を実感できずにいる人も多いんだとか。
そこで、バスティーメイクナイトブラの付け方について紹介してみますね。

☆バスティーメイクナイトブラの基本の付け方

何でも基本はあるものです。
公式サイトで紹介されている基本の付け方をまずマスターしましょう。

まず、ブラをつけた時に、背中、おなかの脂肪を引き寄せてブラの中に集めるようにします。
そのうえで、クロスアップベルトを正面でクロス。締め付けは3段階で調節できます。
心地よい締め付け感を選ぶと良いですね。

あとは寝るだけ・・

と超簡単なのです。

でも、この基本さえもマスターしていないと、効果も期待できなくなってしまいます。

例えば、脇の肉を寄せ集めてブラの中におさめるわけですが、それも脇にお肉があまってはみでていたら、そんな形に記憶されて形が崩れたバストになってしまそうです。
そしてそのあぶれたお肉はそのまま贅肉となり、バストアップは図れないってことですね。

☆プラスアルファの付け方とは?

基本的な付け方では物足りないと思った人もいるようです。
バスティーメイクナイトブラの愛用者たちがどんな付け方をしているのか調べてみました。

*つける前には、サイドベルトのホックを外しておきます。
ブラは足をいれて、下から上にあげていきます。
腕を片方ずつ入れて、胸がおさまったらアンダーラインをおさえてワキから肉を寄せ集めてブラの中におさめます。
両側したら、サイドベルトをクロスして締め付け調整。
ワキのお肉がはみ出ていないかチェック。
バストのトップが肩とひじの真ん中あたりになるように調節すると型崩れなく、ベストな状態で維持することができます。

ところで、これはブラを付けるときの技術的なものですね。

他にも付け方に工夫をしている人がいました。
それは、寝ているとき以外にも「付ける」という人です。

これはナイトブラなので、寝ている間にもバストを寄せて集めて形状記憶させてより豊かなバストを目指すものなのですが、起きているときにつけていても問題はありません。

夜つけて寝て、起きてそのまま出勤したという人もいますね。
また外に出なくても、家でつけたまま家事をしました、という人もいましたね。

そう。付け方は自由なのです。
夜だけではなく昼間もつけると、つけている時間が長くなり、バストサイズがアップする効果も倍増することでしょう。

大切なのはつけていてもきつくない、窮屈じゃないということ。
なので苦しい思いしないでバストアップができるってことなんですね。

公式サイトはこちら!

バスティーメイクナイトブラ

http://l-sharm.jp/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ